FILE NO 718 宮崎と周辺の植物
コバノイシカグマ Dennstaedtia scabra (Wall.ex Hook.) Moore
小葉の石かぐま コバノイシカグマ科
撮影日 2017.12.28
撮影場所 都農

 本州の山形県以南、四国、九州鹿児島県屋久島辺りまでと、台湾、朝鮮~中国中南部~インドシナ半島一帯に分布するという常緑性のシダで、宮崎では各地に自生するがやや稀な部類に属するシダといえる。
 
イシカグマとは同じイシカグマ科ではあるが属が異なりソーラスのつき方も違っている。
 コバノイシカグマ属は3種しかないのでコバノイシカグマが分かれば、イヌシダも分かりオウレンシダも自動的に理解することができる。
 学名「cabra」はざらざらしたの意味で落毛後の葉柄を表すと思われる。
画像1 浅い山の水場から離れた崖下道脇に他のシダと並んで群生。 カグマはシダの古名という。
 画像2 葉身部全体は三角状長楕円形で3回羽状複葉、長さ約20cm。
撮影:(2017.12.2 都農町)
 
画像3 葉柄も含めた全形、葉柄部は長さ約40cmほどもある。
撮影:(2017.12.2 都農町) 
画像4 羽片表側。黄緑色でやや硬い感じ、最下羽片の長さ10cmほど。 撮影:(2017.12.2 都農町)  画像5 羽片の表面。葉柄にも羽軸や小羽軸にも浅い溝がある。。 撮影:(2017.12.2 都農町) 
画像6 羽片の下面。それぞれの小羽片の縁は下面側に反る傾向あり、枯れたら下面側に巻き縮んで行く。 撮影:(2017.12.2 都農町)  画像7 ソーラス(胞子嚢)がついた羽片下面。繁殖は胞子と根茎によるという。
撮影:(2017.12.2 都農町) 
画像8 ソーラスはごく小さくてよく見るためにはルーペが必要となる。
 ソーラスは葉脈の先端に一個がコップ状について無毛
撮影:(2017.12.2 都農町) 
 
画像9 ソーラスの拡大画像。葉脈の先端が丸く窪みとなってソーラスを容れる。
撮影:(2017.12.2 都農町) 
 
 
画像10 葉の表面の拡大画像、立った粗い毛が目立つ。 撮影:(2017.12.2 都農町)    画像11 葉の下(裏)の拡大画像で、疎らな毛が見える(参照:画像8画像,9)。撮影:(2017.12.2 都農町) 
画像12 葉軸と羽軸に生えた白く粗い毛。 撮影:(2017.12.2 都農町) 
 
画像13 葉柄は細く赤褐色でやや粗い毛が多く生える。毛は少し撚れて縮れた感じがする。
撮影:(2017.12.2 都農町) 
  画像14 葉が成熟して毛が落ちたあとの葉柄で、毛の基部だけが残り、手で触るとざらつく。
撮影:(2017.12.2 都農町) 
画像15 根茎は横に長く伸びて葉を出す。
撮影:(2017.12.2 都農町) 
トップへ 科名リストへ